ハメ撮りについて

【初心者向け】彼女やセフレとハメ撮りしやすいシチュエーションは?

  1. HOME >
  2. 素人タダマン・ハメ撮りノウハウ >
  3. ハメ撮りについて >

【初心者向け】彼女やセフレとハメ撮りしやすいシチュエーションは?

この記事を読むと、こんな悩みが解決します。

・彼女やセフレとハメ撮りしたいけど、そんなのぶん殴られて終わりだよな…何とかならん?
・せっかく撮れるなら、めっちゃヌケる映像撮りたいわー。

ということで、解説していきます。

 

前置きとしていくつか

まず大前提として、その子とセックスできる関係にあるというのが条件です。

その上で、セックスのシチュエーション別に、以下の項目について評価します。

 

①交渉難易度

相手の承諾を得やすい状況。この記事では、あくまで「撮影の抵抗をされづらい」という意味合いで記載しています。

気持ちが盛り上がっている時ほど、理性が働かなくなるので撮影はしやすいです。当然、逆の状況では断られやすいです。

無理やり撮ったら犯罪になりかねないので、あくまで相手の反応が大切。

なお、ストレートに「お願いします」と言ってもいきなり撮影を了承する女の子はいませんw

気持ちの盛り上がりに加え、安心感や慣れも非常に重要な要素です

ハメ撮り実践談の中では、その辺りも解説しています。

 

②体力消費度

撮影初心者は、「そんなの大切?撮影できてヌケる映像撮れればよくね?」という感じだと思います。実際、自分もそうでした。

一度経験してみるといかに重要なポイントか分かります。ハメ撮りは死ぬほど大変です。

ポイントの一例を挙げると、

・ヌケる力のある映像の撮影
・手ブレや映像の編集を意識したカメラワーク
・体位ごとの撮れ高
・相手の好みや反応を見ながら愛撫
・盛り上がりを考えながらのフィニッシュ

これら全てを、片手がカメラに占有された状態で行わなけばならないのです。頭も体も、めちゃくちゃ使います。

初心者だと、フィニッシュにすらたどりつけない可能性もあります。女の子と楽しみながら撮れたら最高!などと思ってはいけませんw

 

③映像満足度

そのままです。映像的にヌケるかどうかです。

 

どんな状況ならハメ撮りが交渉しやすくて、良い映像が撮れるの?

それでは、シチュエーション別に評価していきます。

なお、基本的にはカメラを片手にした主観で撮影することを想定しています。

 

正常位

交渉難易度 ★★★☆☆
体力消費度 ★★★☆☆
映像満足度 ★★★★☆

交渉難易度は平均的です。

盛り上がっている状況では交渉もしやすくなりますが、「顔が映る」というのが女子にとってはNGと感じやすいポイント。「顔を映さない」と約束すれば、成功しやすくなります

体力の消費度も平均的。下半身をしっかりとベッドに据えられてベッドのスプリングを利用できるので、体は安定します

映像的にも悪くはないです。ただ、おっぱいが横に流れやすいです。

よくAVでは女の子の腕を交差させて、それを阻止していますよね。女の子の協力があれば、それも可能です。

色々な意味で、オーソドックスな体位です。

 

バック

交渉難易度 ★☆☆☆☆
体力消費度 ★★★★☆
映像満足度 ★★☆☆☆

交渉難易度は最も低く、その理由は2つ。

1つ目は、女の子からはカメラが見えないアングルなので、抵抗を感じづらいことです

ハメ撮りにおいては、女の子の安心感が何よりも重要。顔が見えないことやカメラが視界に入らないことは、初期においては最重要視すべきです。次第に慣れれば色々な撮影も了承してくれるようになります。

2つ目の理由は、バックだと女の子が乱れやすいことです

こちらの動きが見えないので、突かれる度に予測不能の快楽が巡っています。理性が吹き飛びやすいのです

初めての撮影チャレンジなら、この体位が一番成功しやすいです。難度高めの相手でも可能な場合もあります。

「顔は絶対に映さないから」と言えば、更に成功率は高まるかと。

体力消費度は高め。

正常位とは異なり膝立ちの格好になるので、やや不安定になります。

また、片手で相手の腰を支えながら撮影することになるので、自身の体幹が重要になります。日ごろから鍛えておきましょうw

映像満足度はやや低め。

女の子の顔とおっぱいが見えづらいので、その分がマイナスポイント。顔が映らないというのは難易度が下がる要素でもあるので、天秤のような関係ですね。カメラを横の方に構えれば、顔やおっぱいを少し映すことも可能です。

バックは女の子が乱れやすいというのはプラスポイント。喘ぎ声が大きくなりやすいです。

 

騎乗位

交渉難易度 ★★★★★
体力消費度 ★☆☆☆☆
映像満足度 ★★★★★

交渉難易度は最も高いです。

女の子が主体的に動かなければならないので、快楽で理性を弱化させての撮影が困難であること。顔を含めて体全体が映るアングルであるので、抵抗感が強くなること。そもそもこの体位を苦手としている女の子が多いことなどが理由です。

体力の消費度や映像満足度は抜群に良いのですが、とにかくこの体位を撮影すること自体がかなり困難です。

信頼関係ができあがっていて、騎乗位が得意な女の子でなければまず不可能。

この体位で撮影したければ、丁寧にステップを踏んでいく必要があります。

手っ取り早いのは、援交の子にお金積んで頼むことです。

 

フェラ

交渉難易度 ★★☆☆☆
体力消費度 ☆☆☆☆☆
映像満足度 ★★☆☆☆

これも騎乗位と同様に、女の子が主体的に動かなければならないので、気持ちを盛り上げての撮影が困難です。また、顔が映る分、抵抗感もあります。

ただし、着衣であれば女の子の裸が映らないので、女の子の恥ずかしさは大幅に減少します。「口元だけ」と言えば、撮影もさせてもらいやすくなります。

映像は単調になりやすいですが、フィニッシュに到達することも容易です。

バックと同様、初めての撮影チャレンジなら比較的成功させやすいと言えます。

 

おもちゃの使用

交渉難易度 ★★★★☆
体力消費度 ☆☆☆☆☆
映像満足度 ★★★☆☆

女の子にとってはかなり恥ずかしさを感じやすいシチュエーションです。

「自分だけが」裸になって喘いでいるという状況は、女の子にとってはダメ。周囲に同調する生き物なのです。

言葉巧みに気持ちを盛り上げてやって、おもちゃで乱れて理性が飛んでいる状況であれば、撮影は幾分容易になるでしょう。

オナニー、おしっこなど

交渉難易度 ★★★★★
体力消費度 ☆☆☆☆☆
映像満足度 ★★★☆☆

ここまで読んでくださった方であれば、交渉難易度の理由はいわずもがな。

変態な女の子か調教が進んだ女の子でなければ、不可能です。

固定アングル

交渉難易度 ★★★☆☆
体力消費度 ★☆☆☆☆
映像満足度 ★★★★☆

ハメ撮りにおいては、実はこれが最高

撮影の了承が取れる子や援交の子であれば、これを採用することが多いです。

また、盛り上がっている状況でカメラが女の子の視界に入りづらい所に置けば、比較的了承も取りやすいです。

両手が空くので、飛躍的に体力の消費が抑えられます。また、体位を変えることも容易ですし手ブレの心配もないので、普段のセックスと同じようにコトを進められます

ハメ撮りをしていると、普段のセックスがいかに楽なのか思い知らされる次第です。

主観で無い分、映像満足度は星1つダウンしますが、それでも色々なアングルから撮影できるというのは非常に良いです。

 

まとめ

以下、観点別のおすすめシチュエーションのまとめです。

 

撮影交渉しやすい

・バック
・フェラ

 

体力の消費が少ない

・フェラ
・騎乗位
・固定アングル

 

映像満足度が高い

・騎乗位
・正常位
・固定アングル

 

何にせよ、一番重要なのは撮影させてくれる子を見つけること、あるいはそのように彼女やセフレを仕上げていくことかと思います。

彼女やセフレを撮影するためどうすればよいかは、ハメ撮り実践談をご覧ください。

手っ取り早いのは、出会い系を使ってお金を積むこと。ヤリマンも見つけやすいので、数を撃てばタダマンでも可能です。

おすすめ出会い系は、こちらからどうぞ↓

-ハメ撮りについて

Copyright© ハメ撮り研究会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.