ネトナン攻略テク

超好印象!ライバルに差を付けるプロフィール写真の撮り方

  1. HOME >
  2. 素人タダマン・ハメ撮りノウハウ >
  3. ネトナン攻略テク >

超好印象!ライバルに差を付けるプロフィール写真の撮り方

出会い系やマッチングアプリでは、写真で9割勝負が決まります

男性同様、女性は写真で相手を決めます。

しかし、見る視点は男性とは大きくことなっています。

女性が最大に不安に感じるのが「ヤリ目ではないか」「危険な人ではないか」という点です。

その視点を土台に、安心感があるか、誠実そうか、社交性がありそうか、生理的に受け入れられそうか、ちゃんとした仕事をしていそうかなど、細かい点をチェックします。

美人でスタイルが良ければOKという男性とは、全く異なります。

出会い系やマッチングアプリにログインすると、まず写真の一覧が表示されます。

※これは男性側から見ていますが、女性側も同様です。

これは男女共通ですが、ライバルが多いので、どうしても写真が良い人が圧倒的に人気になるんです。

どんなに中身が良くてスペックが高くても、写真がダメならプロフィールすら見てもらえないというのが現実です。

実際会えることさえできれば女性は中身や雰囲気で決めることが多いので、まずは写真を充実させてスタートラインに立つことが肝心です。

ネットの出会いで500人以上出会ってきた僕が、異性受けするプロフィール写真のコツをお教えします!

 

観点別!好印象の写真と悪い写真

まず、前提として女性の心理とその対策についてです。

・女性は男性の100倍写真写りに敏感。感度を100倍高めるべし。
・不安を感じさせたらダメ。とにもかくにも安心感を与えることが命。

こういった心理を抑えなければ、いくら頑張っても無駄です。目的地を理解せず歩き回っているようなものです。

とにもかくにも、最高に重要なのが「安心感」を与えることです。

多くの女性が出会いを求めている反面、同じかそれ以上に不安感でいっぱいです。男性と違い、弱い生き物なんです。

腹の中では狼であっても、絶対にそれを出してはいけません。みじんもです。

繰り返しますが、女性が写真に一番求めているのが「安心感」です。

 

以下、観点別に好印象の写真について評価していきます。

評価基準については主観が入ってしまいますが、次の通りです。

・実際にネットで女性からの反応が良かった写真
・僕が今まで会った女性から話を聞く中で、女性が好印象だと感じる写真
・他の男性会員の写真を見て僕がNGだと思った写真

 

見た目について

キメ顔 vs 笑顔 vs 真剣な表情 vs ウケ狙いの変顔

笑顔>>>真剣な表情>>>>>>>>>>キメ顔=ウケ狙いの変顔

断トツに笑顔の写真が良いです。更に言えば、何かの対象に向かって微笑んでいるような、あたかも他人に撮られたような自然な写真だと抜群に受けが良いです。

僕もトップ画はこのような写真にしていますが、「写真の笑顔が素敵だったのでいいねしました」と何度もメッセージを頂いたことがあります。

笑顔だと柔らかい性格だと感じてもらうことができ、安心感につながります。

真剣な表情も悪くはないのですが、ちょっと固い印象になります。トップは笑顔で、サブ写真に真剣な表情を織り交ぜると、ギャップがあって良いです。

たまに全部同じ表情の方もいるんですが、これは印象悪いです。「社交性がないの?」と警戒されてしまいます。

キメ顔やウケ狙いは最悪です。全然知らない相手にいきなりそんな顔されたらドン引きです。

 

全身 vs ドアップ vs 上半身 vs 豆粒

全身=上半身>>>>>>>>>>豆粒>>>ドアップ

全身も上半身も、女の子の反応的にはほとんど変わりません。自然な表情や雰囲気が分かる感じの写真であれば安心感を与えることができて好印象です。

女性はボディラインが見える写真だとメチャクチャ男性受けが良い(ただしヤリ目も増える)ですが、男性でもスタイルが見えた方がベター。

太っている人やガリガリの人は、自然なレベルで補えるような写真を撮りましょう。

 

遠すぎてよくわからない写真は良くありませんが、それ以上に受けが悪いのが結構やりがちなドアップの写真。

身バレ防止とか顔に自信の無い方がやりがちなのですが、表情全体が分からない写真は女性に不安感しか与えません。絶対にやめましょう。

顔に自信がなくても、しっかりと雰囲気が伝わる方が良いです。

 

ジャケット vs Tシャツパーカーなどのカジュアルな格好 vs 派手目な服 vs タンクトップ

小ぎれいな格好(スーツやジャケット等)>シャツなどのカジュアルな格好>>>>>>>>タンクトップ>派手目な服

小ぎれいな格好は受けが良いです。誠実な印象が伝わるからだと思います。

カジュアルな服装は、趣味のシーンに合わせると好印象です。人間性が伝わって、女性は安心感をもってくれます。

トップはジャケットで、サブでカジュアルな服装を見せる組み合わせが最強です。色々と試した結果、これがぶっちぎりで反応が良かったです。

 

タンクトップや派手な服はダメ。チャラい印象しかもたれません。ヤリ目認定されます。

 

筋肉強調 vs 全体の雰囲気強調 vs 顔面強調

雰囲気>>>>>顔面>>>>>>>>>>>>>筋肉

全体的な雰囲気が分かる写真は好印象です。イメージが鮮明に沸き、安心感を与えることができます。

顔面強調は、一部の面食い女子には受けが良いかと思いますが、万人受けはしません。

筋肉は最悪。筋肉好きな女子もいますが、知らん人の筋肉見せられても大半にはスカン喰らうだけです。

 

シチュエーションについて

屋外 vs 自室

屋外>>>>>>>>>>>自室

一択で屋外写真にしましょう。

生活感が出ると女性は幻滅してしまいます。知らない人間の普段の様子を見せたところで、ドン引きするだけで安心感にはつながりません。

屋外では、爽やかなシーンやキラキラ系の場所が良いです。スポーツ、海、街を一望できる場所などなど…

ダサさや不衛生を感じさせてはダメです。そういう点について、男性の100億倍敏感です。

 

日中 vs 夜

日中>>>>>夜

日中の方が光があって、爽やかな印象になります。

夜も悪くはないのですが、表情が見えるようにしておしゃれ感を出す必要があるので上級者向けです。

 

一人写り vs 多数が写っている

多数>>>>>一人

大勢の仲間たちといるシーンの方が社交性をアピールすることができ、好印象です。

「コミュニケーションができて仲間が多いんだな」と、安心感につながるからだと思います。

ただ、他人が映りこむと自分が誰か分からなかったり、サイトによってはNGだったりもします。

その際は、自然に切り抜いてあげるか、周囲の人の顔を隠しましょう。

顔を隠す時は、露骨なモザイクはAVのようになってしまうので辞めた方が良いですよw

 

自撮り vs 他人撮り

他人撮り>>>>>自撮り

他人が撮った方が自然な雰囲気を出すことができるので好印象です。

自撮りは結構難易度が高い。ナルシストに見えてしまったり、不自然な表情になってしまったりするんです。

 

その他

高画質 vs 低画質

高画質>>>>>>>>>>>>>>>>>低画質

一択です。

顔をごまかすためか低画質で上げている人もいますが、不安感しか与えません。

 

無加工 vs ちょい盛り vs 激盛り

ちょい盛り>>>無加工>>>>>>>>>>>>>>>激盛り

軽ーく盛っている写真がベストです。

ただし、女性は盛っていることに即気づきます。なぜなら、彼女たちは盛ることに命をかけているからですw

ですから、盛っているかどうか分からないレベルで、ほんのりとだけ盛ってあげましょう。120%くらいが目安です。

激盛りは完全にアウト。バレます。そして、バレたらドン引きで終わりです。プリクラやスノーは論外。

盛りすぎるくらいなら、無加工の方が断然好印象です。

 

自分写りがメイン vs 色々なシーンにスポット

色々なシーン>>>>>>>>>自分写り

自分が中心だらけの写真よりも、様々な場面の写真が使えると人間性が伝わって安心感を与えられます。

仕事や動物や女性受けの良い趣味の写真なんかはすごく良いです。

 

と、色々と述べてきましたが、「結局、具体的にどんな写真撮れば良いの?」という話です。

実は簡単に正解の写真例を手にすることができます。雑誌に写っている男性モデルの写真です。これ以上の解はありません。

ただし、キメ過ぎている写真もあるので、そういったものは除外しましょう。とりわけ、女性向け雑誌に載っている男性モデル。

キメ写真は雑誌という媒体とモデルが融合するから栄えるんです。一般人がやったら滑稽になります。

自然な感じで写っている写真はとても参考になるのでおすすめです。こんな写真はベストです。

 

特定されるのが怖いから写真を載せたくない!という方

僕は15年ほど出会い系やマッチングアプリを使ってきました。

500人以上出会っていますし、女性とのやり取りはその5倍はしています。

写真は自由に見ることができるので、写真を見られている数だけで言えば一万人は優に超えていると思います。

出会い系で出会った子を完全に忘れて、原宿でナンパしたこともありましたw

そんな僕ですが、顔写真を載せていて困った状況になったことは1度もありません。

気を使ってスルーしてもらっている可能性は十分ありますが。

「出会い系やってるでしょ?」と突っ込まれても、「やってるよ。早く退会したいから誰か紹介してよ」と切り返します。

人はそんなに自分のことに興味はありません。やましい目的であっても堂々としていれば良いんです。

どうしても不安なら、大手を避けて人の少ないサイトを使いましょう。出会い系はかなりバレづらいです。

 

まとめ

ネットの出会いはライバルが多いので、写真が死ぬほど大切になります。

異性受けする写真を載せて、少しでも勝ち上がる確率を高めましょう。

 

ただし、いくら頑張っても、そもそも使う媒体を間違ったら終わりです。

有名アプリは周囲も使っていて、おすすめしている人も多いのですが、超絶的に競争過多になっています。ハイスぺの一人勝ちなので避けた方が無難です。

ペアーズなんかは最悪で、以前omiaiとコスパを比較したら1人出会うまでに3倍近い費用がかかりました。マッチングしても続かないんです。

おすすめは、遊びなら出会い系のハッピーメールワクワクメールPCMAX。真面目な出会いなら、マッチングアプリのomiaiwithです。

人が少ないと出会えるか不安になるかもしれないが、人が少ない方がむしろ競争が激しくなくて出会いやすいので安心しましょう。

個人的には業者やパパ活のスルースキルを高めて出会い系を使うのが、出会いやすくてコスパも良いと思っています。

 

なお、写真を載せた後は自己紹介を充実させることが大切です。

超好印象&高打率!出会い系やマッチングアプリでの自己紹介の書き方

このページを読むと、以下の疑問や悩みが解決します。 「出会い系やマッチングアプリをやっているけど全然出会えない」 「自己紹介が重要なのは分かるけど、何を書けばいいのか分からない」 「自己紹介の型を教え ...

続きを見る

-ネトナン攻略テク

Copyright© ハメ撮り研究会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.